ホノルルマラソン日焼け対策2016年09月26日 05時02分44秒

ホノルルマラソン日焼け対策

ホノルルマラソン、42㎞を完走すると
真っ黒になります。

対策①
3時間以内にゴールする

対策②
ひたすら日焼け止めクリームを塗る

*******************************

行きの高速道路は太陽に向かっていきます。
まぶしいです。

Momonaでは随所に日焼け止めクリームを塗るための
休憩を取りますが・・・
日ごろからの日焼け対策も大切です。

トマトジュースを飲みましょう!!!

トマトの赤、あの赤はリコピンというカロチノイドの一種です。
このリコピンが皮膚を守ります。

リコピンにはメラニンの生成を促進する活性酸素を少なくする効果あり
白い肌を守ってくれるのです。

今からトマトを食べましょう。
ジュースにするとたくさん取ることができます。
ジュースがお勧め

トマトジュースをこれから日々、飲むことで
皮膚は紫外線を防御する準備ができます。

❇︎❇︎❇︎
Momonaでは、ホノルルではペースメーカーがつきます。
6時間のペースメーカー
7時間30分のペースメーカー

皆さんと一緒に走ります。
後半は日焼け止めクリームを塗るための時間を
30分に一度、取りながらはしります。

http://www.honolulu-marathon.com/2016/honolulu-care-system.html

炭水化物とランナー2016年09月25日 02時50分33秒

炭水化物とランナー

炭水化物、3大栄養素の一つです。
炭水化物は体の中に取り込まれると、ブドウ糖に分解され、
主要なエネルギーとして貯蓄されます。

体はエネルギーとして一番使いやすい炭水化物を最初に使います。
これが切れると、脂肪を使いだします。

ただし脂肪はエネルギーとしては使いづらいので効率が悪いです。

練習時間が長丁場になる場合は、走る前や休憩中に手軽に食べられるものを用意しておきましょう。

http://www.momona-run.com/

ホノルルで初心者向けにサポート&ケアを行います2016年09月24日 03時54分44秒

テーピングと完走後のケアを行います

初めてホノルルマラソンを走る方に
ホノルルマラソン当日までのサポートを行うシステムです

国内での基礎的なケア、情報、ランニングフォーム指導

ホノルルマラソン前日の時差ボケ対策
日本とハワイの温度差による熱中症対策

テーピング 42kmを走り切るためにプロのトレーナーが施術 します

6時間と7時間30分のペースメーカーが初心者の皆さんと一緒に走ります
心拍数や時間配分を考えて走るので初心者にはとても楽に完走できます

完走後はプロのトレーナーが個別にストレッチやマッサージを行います
氷で足の各部位をアイシングします
氷を浮かべたプールで膝や足首を冷やします

http://www.honolulu-marathon.com/2016/honolulu-care-system.html

Momonaランニングクラブ

金子コーチ マウイマラソン女子総合3位2016年09月23日 03時36分30秒

金子コーチ マウイマラソン女子3位でゴール

momonaの金子コーチが、
マウイマラソン総合3位
3時間16分の素晴らしい記録でした。

気温25度以上の中での過酷なレースでの16分台は凄いです!

ホノルルマラソンでは金子コーチは6時間のペースメーカーを行います。

有森さんから賞状と賞金を授与。
二人似ていますね!

http://www.momona-run.com/

ホノルルマラソン初心者の合宿2016年09月22日 01時46分19秒

ホノルルを完走するための合宿

今年、ホノルルを目指す皆さんに、
特に初心者ランナーの方を対象に二日間で合宿を開催します。

目的はただ一つ
『笑顔で完走』

同じ目標を持った仲間が集まります。
42km.一人ではとても長い道のりです。
仲間がいるから完走できるのです。

http://www.honolulu-marathon.com/info/honoluluschool-suwako-biwako.html

クールダウン2016年09月21日 01時46分25秒

昨日のウォーミングアップに続き、今回はクールダウンです。

クールダウンには疲労回復の促進や筋肉痛の軽減などの効果があります。

メインの運動が終わったら、すぐに休んでしまうのではなく、
短い距離のジョグやウォーキングを行い、徐々に心拍数を落とすようにします。
その後、ストレッチなどの体操を行い、乳酸を流すようにします。
練習会などで行っている最後のストレッチにような感じで大丈夫です。
こうすることによって、疲労を残さず次の日もいい練習ができるようになります。

疲労というのは軽く動いて、血液を流したほうが回復が早いです。
筋肉痛の治りも同様です。
疲れたからと言ってグダグダゴロゴロしていても直りは遅いのです。

ホノルルマラソン完走後もこの疲労回復メニューを取り揃えております。
次の日もシャキシャキうごけますのでご心配なく。

http://www.momona-run.com/

マウイマラソン笑顔で完走2016年09月19日 09時22分06秒

今日、マウイマラソン開催

ハワイマウイ島で本日、マウイマラソンが開催されました。
朝、5時にフルマラソンとハーフマラソンがスタート!
約2000人のランナーが走りました。
momonaからも12名方が参加しました。
皆さん、笑顔でゴールをしました。

完走、おめでとうございます!

http://www.momona-run.com/

ホノルルを走る時に必要なトレーニング2016年09月18日 01時12分12秒

今日は初心者ランナーが必ず行うべき補強運動を紹介します。

中殿筋を鍛える運動です。
まず中殿筋の説明をします。

中殿筋とはお尻の横についている筋肉で、小さい筋肉ですが非常に重要な役割を担っています。
それは歩行や走行時に骨盤がぶれないように壁を作る役割です。
この筋肉が機能していないと、骨盤がぶれてしまい、結果膝の痛みにつながります。
膝の痛みの半分以上はこの中殿筋の機能不全によるものです。
初心者ランナーに多い膝の外側の痛みも中殿筋が原因のことが多いです。

ではどのように鍛えるのかというと、下記動画を見てください。
https://www.youtube.com/watch?v=CZB_DT83O5Y

➀横向きに寝て上の足を胸にたたむ
②その足を斜め後ろ上方向に持ち上げる(できる限り高く、できる限り後ろに)
この繰り返しです。持ち上げたときにお尻の横がぐっと締まる感じが入れば効いています。
ポイントは、体のラインよりも膝が後ろに行くことです。意識して行ってみてください。
回数は15回~20回×2セット。1日おきくらいで取り組みましょう。

鍛えすぎて鍛えすぎることはない筋肉です。

Momonaランニングクラブでは毎週、東京、名古屋、大阪、福岡で
ホノルルマラソンに向けた練習会を行っています。
http://www.momona-run.com/

42kmと21kmの違い2016年09月17日 00時03分25秒

http://www.momona-run.com/
ホノルルマラソンとハーフマラソン

初心者の方でよく、12月までにハーフや10kmの大会に出られる方がいますが、
あまりお勧めしません。

①大会では初心者の方は力の入れ方がわからずに無理をして走りきってしまいます。
結果、ケガにつながることが多いです。

②ハーフは21km、その距離を走る感覚で走り切り、全力を出し切ってGoalします。
Goalしたときに思うことは、ホノルルマラソンはこの倍を走るのかと思い
想像が付かなくなる不安を感じます。

フルマラソンはハーフとは全く走り方が違う競技と考えてください。
走ったからといって初心者にはほとんどプラスの効果はないです。

ハーフは筋力、力で走りきることのできる距離です。
フルマラソンは力では走りきれません。
何度も経験して体が自然にできてきて、初めて完走できる競技です。

ホノルルマラソンはゆっくりとみんなで走れば、必ず笑顔でGoalできます。
笑顔でGoalしましょう!!!

ホノルルマラソン、大勢の仲間がいるとと
とても楽しいです!
momonaと一緒に走りましょう!

スポーツドリンク2016年09月16日 10時48分45秒

スポーツドリンク

スポーツドリンクというと体にいいものが沢山入っていそうなイメージです。
事実、沢山入っています。熱中症予防につながる電解質などなど。

ただその摂取の仕方には注意が必要です。
体にいいからと言って日ごろからスポーツドリンクを愛飲していると、
あっという間にカロリーオーバーになってしまいます。
それはスポーツドリンクに含まれる糖分のせいです。

普通に食事をとっていれば日常生活を送るのに十分な糖分が摂取できます。
それに加えてスポーツドリンクを飲んでいると、過剰な糖分摂取になってしまいます。

なので、スポーツドリンクを飲むのは運動中、もしくは運動前後のみにしましょう。
また普通のスポーツドリンクでは甘いと感じる人は、水で薄めるなどして飲んでください。

日常は水やお茶などカロリーの低いもので水分補給をしてください。

ホノルルでサポートも行います。
笑顔で一緒にゴールしましょう!!!
http://www.honolulu-marathon.com/2016/honolulu-care-system.html