ホノルルマラソンとビール2012年10月06日 02時48分58秒




ホノルルマラソンとビール


ホノルルマラソン完走後、
完走後、何をしたいか???
ビールとお肉を食べたい!!!


ビールには
カルシウムやビタミンBが多く含まれているのですが・・・
しかし、ジョギングには障害も多くあります。


① ビールに含まれているアルコールには脱水作用があります。
運動後にビールを飲むと、トイレに行く回数が増えます。
体は運動によって失った水分を求めている、そんな状態さらにビールを
飲むことで更に体からは水分がなくなっていきます。
最悪の場合には脱水症状が出てきます。
飲んだビールを消化するのに
飲んだビールの量の2倍の水分が必要になります。


② 大会前の夜に飲みすぎると、
低血糖に陥る可能性が非常に高くなります。
激しい運動前のビールは正常な血糖値の保つことに異常をきたします。
最悪、死に至ることもあります。
よく、ホノルルマラソンなどで死亡するランナーは、
前日の多量のアルコール摂取に原因。


成田からホノルルへの飛行機でのアルコール摂取は
絶対に避けてください。
どんなにお酒に強くても体にも影響が残ります。
特に肝臓に対してのプレッシャーは計り知れないです。
この肝臓への負担がマラソン後半に出てくるともいわれています。
1日の我慢が、笑顔のゴールへとつながります。


③ ビールは糖質の補給にはなりません。
ビール360mlのカロリー150kcalのうち、糖質は50kcalです。
それ以外は全てアルコールからのエネルギーです。
筋肉はこのエネルギーをグリコーゲン(走る力)として貯蔵しないため、
ビールは糖質補給にはならないのです。


命への影響もあります。
くれぐれも、飲みすぎには注意してください。



よい子の皆さん
今日からホノルルマラソン完走まで
アルコールは控えましょう!!!



http://www.momona-run.com/


写真はハワイの地ビールです。