記録をつける ホノルルマラソン完走するために2016年08月01日 07時36分37秒

皆さんは自分の練習内容などを記録していますか?

もし行っていないのならば是非記録をつけることをお勧めします。
記録をつけることで、
自分の成長を確認したり、体調の管理が出来たり、
痛みなどが出たときにその原因なども探ることができます。
記録方法は自分がわかるようにつければいいです。

エクセルを使っても、手書きノートでもokです。

記録項目としては
その日の練習内容(歩いた・走った距離、補強運動内容等)
1日のコメント(疲れた、足が痛くなった等)
体重/体脂肪率
睡眠時間

その他にもつけ加えるとよい項目としては
食事内容
血圧
疲労度(5段階評価)

これらを記録していくと自分の変化がわかりモチベーションにもつながります。
さらにマウイマラソンを走りきった後に記録を見返すと楽しいですよ。
いい思い出にもなります。是非始めてみてください。

ホノルルマラソンを一緒に走りましょう!!!
http://www.momona-run.com/

シューズ2016年08月02日 05時45分40秒

シューズの寿命に関してです。

皆さんが現在履いているシューズ、どれくらいの期間使っていますか?
またどれくらいの距離を走っていますか?

シューズは生ものなのでほっておいても劣化します。
洋服だってそうですよね。

一般的には3か月以上たつと、
または400㎞以上走るとシューズは劣化するといわれています。

もちろんメーカーやモデル、使用頻度保存状況などでも変化します。

しかし劣化したシューズで初マラソンを走るのは危険です。
レース中に足が痛くなる原因にもなります。

シューズはマラソンでは一番大切なグッズです!!!

Momonaではホノルルマラソンツアー参加者を募集しています。
笑顔でゴールを目指しましょう!!!
http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html

ホノルルマラソン今昔物語り2016年08月03日 03時12分39秒

ホノルルマラソン今昔物語

現在、ホノルルマラソンのスタート地点は
アラモアナの先、ワードセンターの入り口ですが、

今から20年前(18回大会)までは
アラモアナより空港方面に進んだ
アロハタワーがスタート地点でした。

現在はアラモアナから一旦ダウンタウン方面へ向かい
チャイナタウンをU ターンして再びアラモアナへ戻り、
ワイキキへ向かいます。

昔はアロハタワーからそのままワイキキに向かい、
今と同じコースでハイウェイを走りハワイカイまで進みました。

ただ、ハワイカイの回り方が、今は時計回りですが、
以前は今と逆で左回りで走り、折り返しを向かえ
今と同様にカハラからカピオラニのゴールを目指しました。

スタート時間も今より30分遅く5:30のスタートとでした。

********************************************
Momonaホノルルマラソンツアー
全日程空席があります
http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html

真夏のトレーニング2016年08月05日 07時46分24秒

真夏のトレーニングについて

今日の東京は35度以上の猛暑だそうです。
無理はしないで涼しい部屋で水分を十分に取って過ごしましょう!!!

***
マラソンは有酸素運動です。
有酸素運動とは長時間、一定の心拍数で運動を続けることです。
マラソンのトレーニングとしてはゆっくりと姿勢を意識して走り続けることです。

心拍数120前後がベストです。
話をしながら走ることができるスピードです。

スピードトレーニングも
坂道のトレーニングも必要ないです。
ゆっくりと走ることだけで十分です。

ここで注意。
姿勢を意識して走ること=正しいフォームで走るということです。
これができていなければ、効果はやはり落ちます。
落ちるというか、フォームが悪いことによって
体の一部に負担がかかり、
ケガにつながる可能性が大きいです。

体をゆっくりと動かすことなので
ジョギングだけでなく、水泳もとても効果的です。

暑いこの1か月
水泳を行うこともとてもいいと思います。
ゆっくりと泳ぎ続けてください。

ジョギングをする場合は、
暑い日中は避けて早朝に行ってください。

マラソンは我慢大会ではないです。
また、汗をガンガンと流すこともよくないです。

十分に水分を取って行いましょう。

ホノルルマラソンまで4か月ほど。
この1カ月は
無理をしないで9月に本格的にトレーニングができる
コンディションを作ることを目標に。

ホノルルマラソンを一緒に走りましょう!!!
http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html

jalホノルルマラソンツアー2016年08月06日 05時32分37秒

Momonaホノルルマラソンツアー参加者募集

みなさんと一緒に走りましょう!!!

①最後まで歩かないで「笑顔」でGOAL
②完走後は普通に歩行ができます
これがMomonaの自信です!!!

出発空港は
札幌、仙台、成田、羽田、中部、関空、福岡
全て直行便

成田経由新潟発もあります。

3泊5日 4泊6日 5泊7日 延泊も可

出発日は
火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
全ての日程があります。

みなさんが行きたいと思う日程は全てあります

http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html

わからないことは、何でも遠慮なく聞いて下さい。
Momonaランニングクラブ

中高年のホノルルマラソンツアー2016年08月07日 04時40分50秒

中高年のホノルルマラソン
http://www.honolulu-marathon.com/2016/beginner6070.html

Momonaツアーには毎年、40名以上の60代、70代の方が参加されます。

国内での事前トレーニング&サポート、現地での徹底したケアで
毎年、皆さん笑顔でゴールしています!!!

7時間30分でペースメーカーが走ります。

http://www.honolulu-marathon.com/2016/beginner6070.html

😊

体は糖質で動きます2016年08月08日 12時51分20秒

今日は栄養の話。

ガソリンがないと車が走らないように、ランナーには糖質が必要です。
糖質とは炭水化物が分解された状態のことを指し、
人間の身体が一番使いやすいエネルギー源です。
走っている最中も体の中に溜め込まれている糖質を分解して使っています。

もちろん脂肪もエネルギー源として使っているのですが、
とても効率が悪いです。
それに比べ糖質はさっとエネルギーに変えられるわけです。
非常に効率がいい!!

ただ、糖質はすぐになくなってしまうという欠点があります。
なので走る前や走っている最中は糖質を補給し、
体の中にエネルギー源をため込んでおく必要があります。
糖質の代表としては、バナナやおにぎり、カステラなどがあります。

また実際にレースを走るときにはエネルギーゼリーを持って走ります。
ドラッグストアやスポーツショップに行くと濃縮タイプの小さめのものが売っています。

参考までに
糖質はカーボとも呼ばれています。
たまに質問を受けますが、炭水化物、糖質、カーボは同じものを指します。

糖質をしっかりと補給してこの夏を乗り切りましょう!!

ホノルルマラソンを一緒に走りましょう!!!!!!!!!
http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html

夏はビタミンC2016年08月09日 07時39分48秒

おはようございます。
柔道、優勝素晴らしいですね。

暑い日がこれでもかと続きますね。
夏バテしていないですか?

ランナーにとってビタミンCは必須の栄養素です。
体にとてもいいことがあります。

まず第1に疲労の回復。
疲れた体にはビタミンCとクエン酸がよく効きます。
トレーニングの後やレースの後などにはビタミンCを摂取すると翌日の疲労度が全く変わります。

そして第2に痛みの改善。
ビタミンCには怪我の治癒というすばらしい作用があります。
ランナーの多くが膝を痛めたり、足の裏を痛めたりと、いろいろあります。
そんなときにはビタミンCを摂取してみるとよいでしょう。

ビタミンCは水溶性で過剰摂取になる恐れもないので、
この夏積極的に摂取したい栄養素の一つといえます。

ビタミンCが多く含まれる食品としては、
果物や野菜などが挙げられます。
冷やした果物などは携帯もできるし食べやすいのでいいですよね。
この夏はビタミンCを摂取して乗り切りましょう。

ホノルルマラソンを一緒に走りましょう!!!
http://www.momona-run.com/

扁平足2016年08月10日 09時01分01秒

偏平足

偏平足とは足の土踏まずの部分が落ちてしまっている状態です。
足の裏の筋肉が弱化して土踏まずがなくなるといわれています。
とくに現代の子供に多く見られますね。

皆さんの足は大丈夫ですか?
簡単に見分ける方法としては、
お風呂上りなど濡れた足の裏で何かに足型をとることです。
偏平足の人は足型がべたっとくっきり出ます。
逆に偏平足ではない人は、土踏まずの部分には跡が出ないはずです。

偏平足であること自体で生活に支障が出るわけではありません。
ただ走るとなると、問題が出る可能性があります。
重心移動が正常通りいかなくなるため、痛みなどを引き起こしやすくなります。

足の裏
足の甲
アキレス腱
足の指などです。

***
ホノルルマラソンを一緒に走ろう!!!
http://www.momona-run.com/