塩とナトリウムの違い2016年09月01日 17時44分04秒

塩とナトリウムの違いはご存知でしょうか???

食塩はナトリウムと塩素イオンが結びついた塩化ナトリウム(NaCl)です。

食品を買ったときにパッケージの後ろに書いてある食品成分表では
ナトリウムと書いてありますが、食塩相当分の量として書かれています。

食塩=ナトリウム×2.54

***
日本人の食生活では食塩不足になる事はまずありません。
日本食には食塩が多量に使われているからです。
1日8~10g以下にする事をすすめています。

くれぐれも塩分は控えめに。

http://www.momona-run.com/

今週末の練習会情報2016年09月02日 20時37分54秒

【週末練習会開催情報】
ホノルルマラソンを目指す方向けの練習会

9月3日(土)
駒沢公園練習会 担当:金子
8:00 津金塾
9:00 通常練習会
10:30 講習会

大阪城公園練習会 担当:津金
9:00 津金塾
10:00 通常練習会
11:00 講習会

9月4日(日)
駒沢公園練習会 担当:斉藤
9:00 通常練習会
10:00 講習会

名城公園練習会 担当:津金
9:00 津金塾
10:00 通常練習会&講習会

当日の朝6時頃までにTwitterに開催有無をアップします。悪天の場合などはご確認ください。
https://twitter.com/momonahawaii

また季節がら気温が高くなっています。熱中症の恐れがあると判断した場合は内容変更しながら行いますのでご了承下さい。

皆様のご参加をおまちしております。

ホノルルマラソンを一緒に走りませんか2016年09月03日 04時29分14秒

ホノルルマラソンを一緒に走りましょう!

9月から練習をスタートすれば
間違いなく笑顔でゴールできます。

Momonaでは毎年、200名以上の
初マラソンの方と一緒にホノルルマラソンを走ります。

多くの初心者を見てきました。
これからホノルルマラソン当日までの過ごし方で ゴールは180度違ってきます。

***
最初はウォーキングです。

焦ることはないです。
ウォーキングで体に意識させましょう。
1週間ははウォーキング。

人は、それまで運動していなくても
気力で走ることができます。
1週間、2週間ぐらいは練習もできます。

ただ、これは持っている筋力で走っているのです。
筋肉で走ると、膝や足首を簡単に痛めてしまいます。
このような、頑張るジョギングは1ヶ月も持たないで 終わってしまいます。
まず、走るための体つくりをしましょう。

***
マラソンは科学です。
根性では走れません!!!

***
ホノルルマラソン講習会を開催しています。
http://www.honolulu-marathon.com/honolulu/school-open.html

ホノルル サポート&ケア2016年09月04日 05時19分59秒

テーピングと完走後のケアを行います

初めてホノルルマラソンを走る方に
ホノルルマラソン当日までのサポートを行うシステムです

国内での基礎的なケア、情報、ランニングフォーム指導

ホノルルマラソン前日の時差ボケ対策
日本とハワイの温度差による熱中症対策

テーピング 42kmを走り切るためにプロのトレーナーが施術 します

6時間と7時間30分のペースメーカーが初心者の皆さんと一緒に走ります
心拍数や時間配分を考えて走るので初心者にはとても楽に完走できます

完走後はプロのトレーナーが個別にストレッチやマッサージを行います
氷で足の各部位をアイシングします
氷を浮かべたプールで膝や足首を冷やします

http://www.honolulu-marathon.com/2016/honolulu-care-system.html

Momonaランニングクラブ

朝ランのリスク2016年09月05日 20時16分24秒

朝ランのリスク

ホノルルマラソンまで100日ほどになりました…
本格的なトレーニングを開始する時期です。
中には早起きして、練習会を行なおうとしている方も!

朝ランにはリスクが潜んでいます。

それは自律神経の問題です。
夜寝ている間はリラックスを優先させる副交感神経が優位状態です。
そして起床後緩やかに活動を優先させる交感神経に切り替わっていきます。

この切り替えを急激に行うことは身体に負担をかけることになります。

その結果心筋梗塞などの重篤な状態に陥ることもあります。
スポーツ科学が発達しているアメリカのチームでは朝練をするところはほぼないです。

朝の練習が悪いとは言いませんが、こういったリスクがあることを理解しておくのも大事ですね。
起床後1時間くらいは空けてランニングしたいものです。

Momonaランニングクラブではホノルルマラソンも科学的に対応していきます。
現地、ホノルルでは初心者の皆様の体に負担がないように、
そして時差や暑さ対策を徹底して管理していきます。
42㎞、しっかりと対策をして走るから笑顔でゴールできます。

http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html

ホノルルと日本の気候の違い2016年09月06日 08時28分36秒

12月のホノルルと日本の気候の違い

12月の日中の気温
日本はおおよそ10度です
ホノルルは25度以上です

寒い気候から急に暑い気候に移動すると
体は熱中症に似たような状態になります

また、飛行機に6時間ほど乗ります
機内は湿度がとても低く設定されていた
体からは水分がかなり奪われています

到着後、一番大切なことは
水分をしっかりと取ることです

Momonaでは到着後お水のペットボトルをお配りします
必ず、その場で飲み切ってください

ホノルルマラソン笑顔で完走!!!
http://www.momona-run.com/

ホノルルマラソン当日、朝2016年09月08日 04時25分33秒

MomonaJALホノルルマラソンツアーの募集ホームページ
http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html


***ホノルルマラソンまであと96日***
アローハー、皆さんこんにちは。

ホノルルマラソンは朝5時という早朝スタートです。
これには暑さ対策と、すべての人がゴールしてほしいという創設者の願いが込められています。

しかしこの5時スタートいう時間が案外曲者です。
当日朝の流れとして、スタートから逆算していくと、1時ごろ起床、そして朝食。

朝食は必ず取ってください。水分も忘れずに。
空腹状態でスタートするのは初心者には自殺行為です。

また事前準備は前日に済ませて、朝ばたばたしないようにしましょう。
くれぐれも寝坊なんてことのないように。

あまり早くスタート地点に行くと、案外、寒いので体が冷えてきます。
4時半ごろスタート地点に到着して、ドキドキしながら花火を待つといいです。
当日朝の過ごし方はとても重要です。
しっかりとシミュレーションをしていきましょう。

*****************

現地ホノルルでサポート&ケアを行います。
http://www.honolulu-marathon.com/2016/honolulu-care-system.html

ホノルルマラソン練習会開催2016年09月09日 07時20分15秒

ホノルルマラソン 初心者 練習会 開催

http://www.honolulu-marathon.com/honolulu/Schedule.html

初めてホノルルマラソンを走る方を対象に練習会を行います。

一般社団法人日本ジョギング協会
http://www.momona-run.com/

ホノルルマラソン合宿2016年09月10日 05時59分04秒

ホノルルを完走するための合宿

今年、ホノルルを目指す皆さんに、
特に初心者ランナーの方を対象に二日間で合宿を開催します。

目的はただ一つ
『笑顔で完走』

同じ目標を持った仲間が集まります。
42km.一人ではとても長い道のりです。
仲間がいるから完走できるのです。

http://www.honolulu-marathon.com/info/honoluluschool-suwako-biwako.html

理想の体重2016年09月11日 00時27分05秒

今日はランナーの理想体重について
まずマラソンは体重は軽ければ軽いほど楽です。

体脂肪率が高くても軽いほうが楽に走れます。
なので必要な人は減量に取り組んでほしいのですが、
市民ランナーの理想の体重はどれくらいかというと・・・

身長-110がイメージです。

160㎝の人ならば50キロということですね。

もちろん、年齢性別、身長などの要素によって身長-110は無理な人もいます。
あくまでも一般的にというところです。
しかし身長-100は目指しておきたいところです。

ホノルルまであと3ヵ月。
練習以外にも、ダイエットに取り組みましょう。
完走への近道です!!

ホノルルマラソンみんなで一緒に走りましょう!!!
Momonaではテーピングなど笑顔でゴールできるサポートを行っています。

ホノルルマラソンツアー
http://www.honolulu-marathon.com/2016/index.html

現地ホノルルでのサポート%ケア
http://www.honolulu-marathon.com/2016/honolulu-care-system.html