ヒザの痛み2017年04月06日 17時59分47秒

ヒザの痛み 膝蓋靭帯炎

ランナーのケガの中で一番多いのがヒザの痛みです。
その中でもこの膝蓋靭帯炎は代表的な痛みです。

症状は
ヒザのお皿(膝蓋骨)の下端あたりを指で押すと痛みが出てきます。

ランニングでは着地のときに体重の2倍から3倍の力が体にかかります。
モモとヒザが大きくこの衝撃を吸収する役割を果たします。
特に膝蓋骨の下端は弱い部分で小さな断裂や炎症が起きやすい箇所です。

症状の初期は
ランニングの後に痛みを感じるだけですが、そのうち、ランニング中にも痛みが出て
最後は走ることができなくなるほどの痛みになります。
歩行困難な状態です。

原因は
走る距離が多すぎる
スピードの出しすぎ
ランニングフォームが悪い場合
ストレッチ不足・・・など

治療
痛みを感じたら、完全にランニングを休む。
アイシングの徹底です。
(このことは全ての痛み、ケガに同様です)

日ごろから十分にケガに対してのケアが大切です。
一度、痛みが出てくるとなかなか治りません。
無理はしないように。

http://www.momona-run.com/