高温多湿の日々のトレーニング2017年07月17日 19時48分26秒

高温多湿の日々 そのトレーニング

鬱陶しい日々が続きます。
いかがお過ごしでしょうか。

この気候の中でのランニング
ここ数日、頂いたメールの中で数通、目立ったのメールがあります。
「最近、走るととてもシンドい、息が上がるような・・・スピードは以前と同じなのですが」

梅雨の特徴的な天気が続きます。
急激に日中の気温が上がりそして雨で湿度も80%以上に。

このような状況では、走ることはとてもきつくなります。
従来のスピードでは息が上がってくる感じになります。
もっとスピードを落として走ってください。
楽になります。

今までの体は、あの初夏の爽やかな気候に慣れています。
その体が、高温多湿の中で急に走らされると
全く対応できずに、ひどい場合は気分が悪くさえなります。

不思議なことに、1か月も過ぎるとその体もこの夏になれてきて
いつの間にか、また普通に走れるようになります。

この時期に熱中症が多いのも同様の理由です。
体は水分を取ることになれていないので
気づくと熱中症になってしまうのです。

*
この現象と逆のことが秋に出てきます。
急に、調子がよくなってきた
スピードが自然に上がる!!!

これは気温が下がってきて夏使用の体で秋を走るからです。
もちろん、皆さんの日々の努力の結果でもあります。

***

これからの暑くなる時期に必要なこと
お水を飲みましょう。
1日2リットルを目標に。
***

12月のホノルルマラソンは
寒い日本から暑いハワイへ 今と同じことが体に起きます。
Momonaではホノルルでの暑さ対策は徹底して行います。
大丈夫です。

http://www.honolulu-marathon.com/2017/index.html

コメント

トラックバック