ランニングとカフェイン2017年10月16日 22時20分48秒

【ホノルルマラソン ランニングとカフェイン】

カフェインには脂肪燃焼を促す作用があるとされています。
脂肪は1g9kcalという非常に大きなエネルギーを持っていますが、身体はうまくこれを使うことが出来ません。脂肪がエネルギーとして使われ始めるまでには、運動開始から20分が経ってからと言われます。いわゆる有酸素運動です。それまでは筋肉や肝臓に貯蔵されているグリコーゲンなどが主なエネルギー源となります。

カフェインは脂肪からのエネルギー変換率を上げるので、長時間の運動には適しています。脂肪が効率よく使われることで、スムーズなエネルギー供給がなされるからです。練習やレースの前にコーヒー1~2杯程度飲むといいでしょう。ただし、カフェインには利尿作用があるので、水分補給も忘れずに行うようにしてください。

また、エナジードリンク類は、大量摂取するとカフェイン中毒で死亡するという事故もあるので、必ず適量に留めてください。

ハワイといえば、コーヒーがとても有名です。美味しいコナコーヒーを飲みながら、レースの朝を迎えるのもいいですね。

ホノルルマラソンまであと57日。

ホノルルマラソンツアー募集中
http://www.honolulu-marathon.com/2017/index.html
現地ケアサポートも募集中(ホテル飛行機は別で手配した方向け)
http://www.honolulu-marathon.com/…/honolulu-care-system.html

コメント

トラックバック