準備運動2018年01月24日 05時09分37秒

【ランナーウォーミングアップ】

ランナーウォーミングアップとは、ランナーが走り出す前に実施すべき、ランナーに必要な
ウォーミングアップ運動です。ポイントは身体の四か所をしっかり動かすことにあります。

肩甲骨周り
背骨・骨盤周り
股関節周り
膝周り

これら四か所はランニング動作の中で特に使われる箇所で、しっかりとした動きが確保できていないと、走りづらいだけではなく、ケガの原因にもなります。誰にでもできる簡単な運動方法をいくつかご紹介致します。

肩甲骨周り:腕を真横に広げて上下や前後に振る
背骨・骨盤周り:上半身のひねり運動
股関節周り:片足立ちで、ハードルをまたぐように脚を回す
膝周り:屈伸運動

これらを入念にこなした後、軽く汗ばむ全身運動を行い心拍数を上げ、筋肉を温めます。ここまでが「ランナーウォーミングアップ」になります。身体がスムーズに動くようになります。

「走っていれば自然と身体は温まる」と聞くことがありますが、それは正確には正しくありません。急激に動き出すことで、身体に過度の負担をかけてしまうためです。大切なことは徐々に身体を温め、ほぐしていくことです。それには「ランナーウォーミングアップ」が最適な方法です。

実施の順番は、
軽い運動→四か所の運動→軽く汗ばむ全身運動

実際の練習時では走り出す前から、すでに準備が始まっています。それも練習の一部なので、意識を持って取り組むようにして下さい。

Momonaの練習会では実際に走り出す前に、このランナーウォーミングアップを行なっているので、ケガを少なく抑えられています。
どなたでも簡単に出来るので、是非、ご体験にお越しいただき、日々の練習で実践して下さい。

Momonaで開催している練習会スケジュール 

http://www.honolulu-marathon.com/honolulu/Schedule.html

今後動画でも紹介をしていきます。

よろしければ、「Momonaランニングクラブ ホノルルを走る!!」ページにイイねをお願い致します。

コメント

トラックバック