エネルギー2018年01月26日 08時57分30秒

【減量とエネルギー代謝の順番&ランニングのコツ】

身体はエネルギーが無くなってしまうと動かなくなってしまいます。ガソリンが入っていないと車が動かないのと同じです。

なので、身体は万一に備えてエネルギーを蓄えています。それも2種類。糖質と脂肪です。それぞれエネルギー源としての特徴があります。

糖質は、使いやすいエネルギー源ですが、貯蔵量が少ないのですぐになくなってしまいます。
脂肪は大量に貯蔵されており、燃費が非常にいいのですが、使いづらいです。

ランニングを始めると、身体はまず糖質をメインのエネルギーとして使い、徐々に脂肪メインに切り替わっていきます。脂肪がメインエネルギーに切り替わるのは運動開始20分後からと科学的に証明されており、長時間のランニングになるほど脂肪が使われる割合が増加します。60分続けて走るとエネルギー供給の70%近くが脂肪からになります。

なので、減量に効果的なランニングのコツは「スピードはゆっくりで大丈夫なので、20分以上続けて走る、可能な限り長く走り続ける」ということです。

最初から長時間は無理でも、ランニングに慣れてきたら、少しずつ時間を伸ばしてみましょう。ただし、くれぐれも無理はしないようにしてください。減量もゆっくりペースですすめましょう。

何かご質問があればご連絡ください。
http://momona-run.com/info.htm

Momonaホームページ。毎日更新中。
www.momona-run.com/

今週末は練習会の実施はありません。
間違えないようにお気を付けください。

コメント

トラックバック