初心者の練習2018年02月03日 12時00分30秒

【初心者は毎日走る必要はありません】

「練習を休んだら走れなくなる」

そう思っている人は多いと思います。
確かに走る練習は重要です。

しかし初心者には走る練習より、もっと重要なことがあります。溜まった疲労を抜く休息をとることです。

初心者が疲労を溜めていいことはありません。
疲労が溜まりすぎると、
体がだるい
目覚めが悪い
微熱が続く
といった症状が出ることすらあります。
(オーバートレーニング症候群と言いますが、これはまた別の機会に詳しく説明します。)

疲労を抜くためには休息をとらなければいけません。そしてリフレッシュした状態で再び運動を行います。このサイクルを繰り返して走れるようになっていきます。走るだけの練習では効果は低く、休息をとって疲労を回復することで効果が上がります。

休息も練習の一環だといえます。

このサイクルは「超回復」と呼ばれ、休息がいかに重要であるかを示しています。

初心者は1日運動をしたら、2日休息をとるぐらいのサイクルでスタートしてください。運動時間も最初は短くて大丈夫です(低負荷で行い、疲労を抑えることが目的)

毎日走らないといけない、という強迫観念からは離れて、休息も大事だと覚えておきましょう。

そう考えれば気持ちも楽になります。
焦らず計画的に練習を行っていきましょう。

繰り返しですが、フルマラソンを完走するために毎日走る必要はありません。
*運動初心者を対象にした理論です。

**
Momonaホームページでホノルルマラソンを一緒に走る仲間を募集中。

http://www.honolulu-marathon.com/2018/d.html

#ホノルルマラソン2018
#Momonaランニングクラブ
#Momonaランニングクラブ2月3日