マラソンと気温2018年02月19日 18時06分33秒

【フルマラソンと気温の関係】

フルマラソンは気温の影響を大きく受けるスポーツです。

気温が高ければ体力の消耗が激しく、ばてやすいです。逆に気温が低すぎても、体温維持などで体力を奪われ同じく消耗します。

ではフルマラソンを走るうえで最適な気温はどれくらいなのか?

個人のレベルにもよりますが、記録を狙うランナーには10度以下が好ましいというデータがあります。15度ぐらいまで気温が上昇するとパフォーマ
ンスは5%近く落ちると言われています。ちなみに現在の世界記録が生まれたレースの気温は3度でした。

とにかく完走をというランナーには10度以下は寒く感じることが多く、走っていてつらかったという話をよくききます(個人的な感想)。20度前後が初心者ランナーには快適な気温なのかもしれません。

まとめると、
-フルマラソンに適した気温は、個人のレベルによって異なり、初心者ランナーには20度前後が好ましい。
-気温が高くなればなるほど、パフォーマンスは落ちる傾向にある。
-記録を狙うランナーには10度以下の気温が好ましい。

と、いうことが言えます。

気をつけたいのはマラソンは気温だけが全てではないということです。当日の湿度や天候、風の状態、コース状況などによって走りやすさは変わってきます。ホノルルマラソン特有の状況というものもいくつも存在します。これらは今後細かく説明していきます。

ホノルルマラソンまであと293日。

**
Momona主催のホノルルマラソン特別講習会
東京地区で2月24日土曜日11:00~駒沢公園にて実施いたします。
ホノルルマラソンにご興味ある方は是非ご参加ください。
参加は無料です。
お申込みはホームページよりお願いいたします。

www.honolulu-marathon.com/honolulu/Schedule.html

#Momonaランニングクラブ2月19日
#ホノルルマラソン
#フルマラソン
#ランニング
#ジョギング

コメント

トラックバック