雨の日☂️2018年03月06日 10時21分47秒

【雨の日のランニングの注意点】

室外を走るランナーは常に天候・気候に悩まされます。
暑いのか寒いのか、風が強いのか、雨なのか、晴れなのか、
その日の天候によって走る距離やスピードも影響を受けます。

そこで今回は雨降り時のランニングの注意点です。

滑りやすい箇所には気を付ける。
マンホールや排水溝の上は滑りやすくなっています。
特にカーブのところに設置してあるものには注意が必要です。
可能ならば避けて走ってください。

暖かいウェアで走る。
身体が雨に濡れると、体温を奪われ、冷えやすくなります。
そうすると余計な体力を奪われるので、
可能な限り、雨に濡れないようなウェアを選び、保温することが大切です。

水たまりは飛び越えるのではなく、横によける。
水たまりがある場合は、歩幅を広げて飛び越えると、
筋肉を痛める可能性があります。
水たまりは横によけるようにして走り、足への負担を減らしましょう。

走った後は、入念なケアを行う。
濡れた路面と乾いた路面を走るのでは、使う筋肉が若干異なります。
走り終わった後は、いつも以上に入念にケアを行いましょう。
特にふくらはぎ周りのケア(マッサージやストレッチ)をすると、
翌日の筋肉痛を抑えることが出来ます。

以上、雨の日のランニングの注意点でした。
雨の日は十分に気を付けて走るようにしましょう。

ページへのイイねをお願いいたします。
**
Momonaランニングクラブでは毎週末練習会を行っています。
初めての方でも丁寧にフォームアドバイス等をしていきます。
ホノルルマラソンに興味のある方は、一度練習会に見学にお越ください。
スケジュールはホームページでご確認ください。
www.honolulu-marathon.com/honolulu/Schedule.html

一般社団法人 日本ジョギング協会
http://www.momona-run.com/

#ホノルルマラソン
#ランニング #ジョギング
#フルマラソン #マラソン
#Momonaランニングクラブ3月6日

コメント

トラックバック