時差ボケ ホノルルマラソン2018年04月28日 08時45分19秒

【ホノルルマラソン 時差ボケの解消】

海外旅行につきものなのが時差ボケです。
日本とハワイの時差は19時間、ハワイの方が19時間遅い時間です。
例えば12月8日土曜日に日本を出ると、現地時間12月8日土曜日の朝に到着します。

この時差はレース当日のコンディションに大きく関係します。
出来る限り時差ボケを解消した状態でレースに挑んだ方が、ホノルルマラソンを楽しめます。

時差ボケを解消するためには到着日の過ごし方が重要になります。
具体的には
・日中寝ないこと
・太陽の光を浴びて体内時計をリセットすること
・夜は早く寝ること(翌日は早起き)
この3点です。

到着日はホテルにチェックインできない時間帯に到着するので、ある程度動き回るスケジュールを組んだ方がいいです。そして夜は20:00頃には
ベッドに入りしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

Momonaのツアーでは到着日にあえてスケジュールを詰め込みます。
半ば強制的に身体を動かして、時差ボケを解消していく狙いがあります。
もちろん毎日早朝から身体を動かします。レース前のコンディション調整をばっちり行っていきます。
初めてのホノルルマラソン、初めてのフルマラソン、初めてのハワイ旅行という方には特におすすめです。

Momonaのツアーの募集は5月の中旬ごろを予定しています。
楽しみにお待ちください。

それでよい連休を。

#ホノルルマラソン
#ジョギング #ランニング #ウォーキング
#Momonaランニングクラブ4月28日

一般社団法人 日本ジョギング協会 
http://www.momona-run.com/

コメント

トラックバック