マラソンスクワット2018年05月09日 08時11分26秒

【ホノルルマラソンに役立つ!遅筋を鍛えるマラソンスクワット解説動画付き】

筋肉は2種類あります。速筋と遅筋です。

速筋とは瞬発力の筋肉で、短距離走のような瞬発的に筋肉を使う運動で使われます。
遅筋は逆にスタミナの筋肉です。マラソンのような長時間連続的に行うような運動で使われます。

筋力をつけないと走れないと言っても速筋を鍛えてもマラソンにはあまり役に立ちません。フルマラソンを完走するには遅筋を鍛えることが重要です。遅筋を鍛えるには低負荷の運動を長時間行う必要があります。そこでMomonaが独自に開発したのがマラソンスクワットです。

マラソンスクワットとは実際に走ることなく、フルマラソンに必要な遅筋を鍛えることができるエクササイズです。

マラソンスクワットの特徴
①誰でもどこでもできる簡単なエクササイズ
特別な道具や広いスペースは必要ありません。畳1畳あれば大丈夫です。
実施方法は下記を参照。

②膝への負担が少ないのでケガをしない
軽く膝を曲げるだけの運動なので衝撃が少なくほとんどケガをしません。筋力の弱い初心者や高齢者にお勧めです。

③有酸素運動になるので減量にもなる
連続的に行うエクササイズなので脂肪を燃焼し減量になります。マラソンには減量も重要です。

【簡単な実施方法】下記動画をチェック
https://www.youtube.com/watch?v=VcpFmO-I6FQ

①足を腰幅に開き、手を腰に添える
②お尻を後ろに引くようにして、身体を沈める

【ポイント】
①横から見たときに膝がつま先より前に出ないようにする
②背中が丸まらないように気を付ける

これを1日5分行います。
1分間に40回くらいのスピードで行ってみてください。1ヶ月も続ければ歩きやすくなる、走りやすくなるなどの変化を感じられるはずです。

トレーニングは今から始めても十分間に合います。焦らずにしっかり取り組んでいきましょう。
何かご質問等あればコメント等でお知らせください。

#ホノルルマラソン
#ジョギング #ランニング #ウォーキング
#Momonaランニングクラブ5月9日

一般社団法人 日本ジョギング協会 
HP http://www.momona-run.com/

コメント

トラックバック