走っている時、腰が痛くなる2018年06月12日 08時01分39秒

【走っていると腰が痛くなる・・・】

ランニング中走っていると腰が痛くなるという人は多いです。
原因はいくつか考えられます。
・姿勢が悪い(フォームがわるい)特に猫背や反り腰
・体重が重い
・腹筋が弱い
などが考えられます。
ホノルルマラソン42キロを走る場合、歩数は大体30,00から40,000歩です。
その衝撃に耐え続け、6時間近く同じ姿勢を維持しないといけないので、やはり体への負担は大きいです。

そこで取り組んでおきたいエクササイズが「プランク」です。
プランクとは腹筋を鍛えるエクササイズです、特にインナーマッスルを鍛えます。
インナーマッスルがしっかりしてくると腰への負担は少なくなります。
一般的な腰痛にも効果があるので、お悩みの方は取り組んでみましょう。

【動画】
https://www.youtube.com/watch?v=-mPhnYjm5bg
【実施方法】
①うつぶせに寝てつま先を立て、肘を肩の下にいれます。
②つま先と前腕で地面を押して、膝太腿お腹をもちあげます(地面と平行くらいまで)
③その姿勢をキープします
【注意・ポイント】
・腰をそらないようにお腹を凹ませます
【実施時間】
・最初は30秒くらいからスタートします。
慣れてきたら10秒ずつ時間を伸ばして、最終的には3分を目指しましょう。
3分出来ればアスリートです。
・毎日行って構いません

これで腰痛ともおさらばです。
他にもお腹が凹む、下っ腹が引き締まる、くびれができる
などのお腹周り効果は絶大です。
是非取り組んでみてください。

#ホノルルマラソン 
#ランニング #ジョギング #ウォーキング
#Momonaランニングクラブ6月12日

Momonaホノルルマラソンツアー参加者募集中。
6月15日までのお申込みがお得!!
***********************
http://www.honolulu-marathon.com/2018/index.html
↑ツアーお申込みページ
***********************

一般社団法人 日本ジョギング協会 
HP http://www.momona-run.com/