柔軟性2018年07月13日 07時35分34秒

皆さん

おはようございます。 今日は柔軟性の目安に関してです。

ランニングで大事なのは股関節の柔軟性です。 股関節が硬いと走るのに余分な力を使ったり、故障の原因になったりします。

大きくは二つ。 一つ目が立位体前屈。 腰幅程度に足を開いて立ち、膝が曲がらないようにして身体を下に倒します。 目安は男性で指先が届く程度、女性は手の平がべったりつく程度です。 届かない人は、腿の後ろ(ハムストリングス)や腰まわりが硬いと考えられます。

二つ目は座っての開脚です。 床に座って開脚をした時に足がどれくらい開くかです。 男性は90度、女性は120度が目安です。 開かない人は腿の内側(内転筋群)が固いと考えられます。

この2つのチェックをクリアするには「ストレッチをするしかない」です。 身体が硬い人ほどストレッチをさぼりがちです。 柔軟性を手にいれれば、身体がしなやかに動くようになります。 しなやかな身体は動作が美しく、見ていてほれぼれとします。

お勧めのストレッチは今後紹介していきます。 走るだけがホノルルマラソン完走への道ではありません。 身体が硬い人は柔軟性改善にも取り組んで、一生ものの身体を手に入れましょう。

☆☆ Momonaランニングクラブ金子コーチによる「美ジョガープロジェクト~YOGA~」を駒沢公園で実施いたします。 今回のテーマは「股関節」です。 実施日時:8月5日日曜日11:00‾12:00 場所:駒沢公園会議棟(室内) 参加費:1,500円 お時間ある方は是非ご参加ください。 参加希望の方はメールに返信でご連絡ください。 詳細をご案内いたします。 ☆☆

一般社団法人 日本ジョギング協会  Momonaランニングクラブ事務局 HP http://www.momona-run.com/

コメント

トラックバック