チップ2018年10月08日 13時58分10秒

皆さん

こんにちは、秋らしい爽やかな天気です。

チップに関して。
アメリカではレストランなどで感謝の意味を込めてチップを支払います。
最近では合計金額にチップ金額があらかじめ含まれていることもあります。

割合としては15~25%です。
サービスの質が悪ければ払わなくてもいいのですが、
普通は20%程度を支払います。
合計金額が150ドルならば30ドルのチップという感じです。

チップを払う場所としてはレストラン(マクドナルドなどは除く)、
タクシー、ホテルのベッドメイキングやポーターなどがあります。
バスやスーパーマーケットなどでは払う必要はありません。

先に言ったようにレシートに入っている場合もあれば、
手渡し(タクシー)、テーブルに置いておくなどがあります。
ホテルのベッドメイキングでは今は2ドル~5ドルぐらいが普通で
ベッドのわきに置いておけば持っていってくれます。
大雑把に計算して渡すのも全然ありです。
1ドル札をあらかじめ用意しておくといいですね。

レストランのウエイターはチップが生活費の大半を占めています。
少なくならないようにだけ気を付けましょう。

それではご質問などあればご連絡ください。

注意
・メールアドレスを変更された場合は必ずご連絡ください。
・メールは保存する、プリントアウトしてファイルするなどをお勧めします。
・本メールの内容の無断転載は禁止です。

一般社団法人 日本ジョギング協会 
HP http://www.momona-run.com/

コメント

トラックバック