初めてのホノルルマラソン2017年05月13日 18時56分29秒

ホノルルマラソンを目指している初心者の方へ

ホノルルマラソン当日までのトレーニングメニューを作ります。
そのメニューに沿って毎月、個別にアドバイスをおこないます。

(同様にマウイマラソンの参加者も対象となります)

最新のマラソン理論を用いて、メールで講習を行っていきます。
ぜひ、ご参加ください。

対象
初めてホノルルマラソンを走る方を対象
目標ゴールは5時間台、6時間台以降を目指している方
Momonaホノルルマラソンツアー参加希望者

個別のトレーニングScheduleをお作りいたします

内容
①参加者の実力分析
質問事項にお答えいただいて、現在の実力を判断します

②目標を決める
現在の実力(予想)と参加者の希望をすり合わせて最初のゴール目標を決めます。

③大会までのメニュー作成
質問事項から頂いた参加者の練習可能時間をもとに
日々の練習内容を大会前日まで作ります。
なお、メニューは進行状況により、随時見直していきます

④大会の情報をメール発信(ツアー参加者対象)
各大会の細かの情報をメールいたします
マラソン当日までの走行距離+大会の詳しい情報+2週間前からのコンディション
  =笑顔でゴール
当日まで180通ぐらいのメールになると思います

⑤東京、大阪、名古屋、福岡にお住まいの方は練習会でのケア
駒沢公園、大阪城公園、名城公園、大濠公園で土曜日、日曜日に練習会を行っています。 
ランニングはフォームが全てです。フォームがよくなると楽に走ることが出来ます。
できれば1回でも参加していただけると=笑顔のゴール

⑥メールによるマンツーマン方式です。
実際にランニングを見ることは出来ませんが、情報のやり取りで練習を行っていきます。
(科学的トレーニングです)
  
⑦6ヶ月でかなりの効果が得られます。   
初マラソンの方で5時間台は可能です。
(歩くことなく)
昨年の結果でもほとんどの参加者が5時間台でした。
全員の方が極端な筋肉痛やケガもなく、笑顔でのゴール
(昨年はこのメール講習会に500名の方が参加しました)

***
(1)笑顔のゴール
(2)最後まで歩かないで、完走すること
(3)筋肉痛が完走の翌日、ほとんどでないこと

詳しくは下記をご覧下さい!
http://www.honolulu-marathon.com/2017/index.html

一般社団法人日本ジョギング協会
Momonaランニングクラブ

***汗をかくこれからはバナナを意識して食べましょう***2017年05月12日 19時28分34秒

***汗をかくこれからはバナナを意識して食べましょう***

・・・汗をかくとカリウムが体内からでて 不足気味になります。
カリウムは全ての細胞が正常に作用するためには必須で
不足すると、内臓機能が低下し、だるさ、疲労などが起こります。
また、ランニング中の筋肉痙攣も起こりやすくなるといわれています。

バナナは、ランナーにとってこの気力やケガを防止してくれるすぐれもの。
なので、エイド・ステーションでは必ずバナナなのです。

バナナのカリウムの量はリンゴ、ミカン、イチゴの2倍から3倍です。
また、一般的にはバナナはナトリューム(塩分)を
体外に排出する機能を持っていることで知られています。

***汗をかくこれからはバナナを意識して食べましょう***

JALホノルルマラソンツアー参加者募集中
一緒にホノルルを走りましょう!!!
http://www.honolulu-marathon.com/2017/index.html

福岡一日ランニングフォーム講習会2017年05月11日 20時06分08秒

福岡「一日ランニングフォーム講習会」のお知らせ
下記の日程でランニングフォームの1日講習会を開催いたします。

内容は
①ランニングフォームの基礎から確実に走れるまでの講習会です。
ランニングフォームは習わない限り、身にはつきません。
基礎から段階を踏んで完成まで約4時間をかけて行います。
最後にフォームをビデオで撮影して解説と
後日、ご自宅でも見ることがでできます。
(びわ湖合宿、諏訪湖合宿で行うフォーム講習会と全く同様です)

②ホノルルマラソンと国内のマラソンとの違い
目からウロコのの内容です。
マラソンはコースや気象状況、その他状況をどれだけ知っているかで
より楽にゴールできます。
参加いただければ、間違いなく1時間、早くゴールできる内容です。

日程 6月25日日曜日
時間 9時から15時 16時ぐらいまで伸びる場合もあります。

http://www.honolulu-marathon.com/2017/fukuoka-runningschool.html

熱中症2017年05月10日 20時48分30秒

ここ最近気温も上がって走るには少し暑くなってきました。
そうなると大事なのが運動中の水分補給です。
脱水症状、熱中症予防に水分補給は必須ですが、
今日は水分補給のポイントをいくつか紹介します。

・運動中は水よりスポーツドリンク
 スポーツドリンクには電解質が含まれているため、より効果があります。
甘すぎると感じる人はお水と交互に飲んだり、薄めたりすると飲みやすくなります。
もちろん水でも飲まないよりは全然いいです。

・とにかくこまめに飲む
 真夏は20~30分に1回程度飲むようにしましょう。
がぶ飲みするのではなく、口を付けるだけでも構わないです。
喉の渇きや汗が出ない状態になってからでは脱水はだいぶ進んでいます。

・運動後も引き続き飲む
 運動中だけ飲めばいいわけではありません。
運動後も意識的に水分補給をするようにしましょう。

ホノルルマラソンも例年は暑さの中を走ります。
毎年救護テントは満杯状態です。
熱中症に対しての正しい知識と予防方法を覚えておきましょう。

6月4日(日)に駒沢で熱中症予防講習会を行います。
ランナーのための熱中症講習会@駒沢公園
夏が来る前にしっかりと熱中症の知識と予防方法を学びましょう。
どれくらい汗をかくと致死量になるのかなどの計算も行います。
実施日時:6月4日(日)12:30~14:30
有料:3,000円
ご参加希望の方はメールでご連絡ください。
info@momona.biz

ホノルルマラソン初心者合宿2017年05月09日 17時21分57秒

ホノルルマラソン初心者合宿
長い長い42㎞、一人ではとても遠い道のりです!!!

5月、6月、7月に基礎的なランニングフォームの合宿を行います。
フォームは習わないと、なかなか身につけるのは大変です。

この合宿では基礎から丁寧に時間をかけて行います。
正しいフォームで走ることはもちろの記録も伸びるし、
ケガをすることも少なくなります。

『目からウロコ』です。
ランニングフォームとランニングの知識が180度変わります。

*初心者の方・・・フォームを徹底してマスターします。
*今年、ホノルルマラソンを目指す方・・・基本的なフォームと基礎的な講習を行います。

そして、同じ目標を持った仲間が集まります。
42km、一人では長い道のりです。
仲間がいるから完走できるのです。

http://www.honolulu-marathon.com/info/school-suwako-biwako.html

ホノルル行くならmomonaサポート!2017年05月08日 18時41分31秒

【ホノルルマラソン練習会】

日本で唯一のホノルルマラソンを目指す練習会。
初心者の方でもフォーム指導から丁寧に行います。
参加者の8割以上が初心者でアットホームな雰囲気で行っています。

東京、名古屋、大阪、福岡

参加費等は一切必要ないです!
ホノルルマラソンを目指す方ならどなたでも参加できます。

詳しくはホームページをご確認ください。
http://www.honolulu-marathon.com/honolulu/Schedule.html

完走後はアイシングを徹底しておこないます!2017年05月06日 17時53分44秒

ホノルルマラソン 完走後は徹底してアイシングを行います!!!

腰から下をアイシングします。
特に膝を中心に。
足首は氷が浮いている特設のプールで一気に冷やします。

この後マッサージとストレッチを行います。

これでほぼ普通に歩行ができます!!!

http://www.honolulu-marathon.com/2017/tuor-points.html

一緒にホノルルを走りましょう。
サポート&ケアは任せてください。

ホノルルマラソントレーナー担当者制度2017年05月05日 20時04分14秒

JAL ホノルルマラソンツアー トレーナー 担当者制度

初心者の方でご希望のされる方には担当トレーナーが付きます

一言でいえば相談係です。

*全くの初心者の方で
例えばシューズはどこで何を買えばいいのか
走り始めは何をすればいいのか
ホノルルマラソンに何をもっていけばいいのか
・・・一般的なことでなく自分だけのことで聞きたいことがあると思います。
その個別の質問、疑問に直接お答えします。

*あるいは膝に痛みが出てきた・・・
どうすればいいのか???

*中級者の方で
3時間台でゴールしたいが・・・
練習方法はどのようにすればいいか???
このような個別のトレーニングの内容は担当者が直接指導します。

http://www.honolulu-marathon.com/2017/tuor-points.html

ペースメーカーが一緒に走ります!2017年05月04日 21時50分13秒

ペースメーカーが一緒に走ります!!!

今年度のホノルルマラソンではペースメーカーは二つの時間帯で走ります。

http://www.honolulu-marathon.com/2017/pase-maker.html

6時間のGoalを目指して走るグループと
7時間30分のgoalを目指して走るグループ


マラソンの難しさは前半をいかに抑えて走るかです。
前半、スピードを実力以上に出してしまうと、
筋肉に蓄えられている筋グリコーゲンという走るエネルギーを一気に使い切ってしまいます。

この状態が続くと、20kmから25kmぐらいで力尽き、そこからはウォーキングとなってしまいます。
辛く長いゴールまでの長いウォーキングの始まりです!!!

人間には闘争本能があり、大勢の中に入ると気付かないうちに、心拍数が上がり、
必要以上に力を出してしまいます。
どんなに意識しても、初心者には自分では抑えることはとても難しいです。

ペースメーカーは、スタートから一定のスピードで心拍数を極端に上げることなく走り続けます。
この前半の丁寧な走り方が、後半のブレーキを極力押さえ最後まで走りきりゴールに入ることができます。

一般社団法人日本ジョギング協会
http://www.honolulu-marathon.com/2017/index.html

マラソン初心者の方や60代や70代の方向けにサポートを行います!!!2017年05月03日 20時55分21秒

マラソン初心者の方や60代や70代の方向けにサポートを行います!!!

一言で言えば、初めての不安や年齢的な不安を科学的にクリアーして
安心してホノルルへ行けるサポートです。

内容
①7月から月に数度、メールを送ります。

②不安があれば電話で直接に話をお聞きして
具体的に解決策を考えていきます。

③現地ホノルルで、特別なケアのご案内をします。

④ホノルルマラソン当日、携帯電話を持って走れば、
何かあれば電話で話ができる体制を取ります。
安心です!!! 

http://www.momona-run.com/