風が強く吹いている2009年12月03日 16時23分42秒



映画「風が強く吹いている」を観てきました。
弱小大学の陸上部が箱根駅伝を目指す映画。

気持ちよく観ることができる青春映画です。

小出恵介君主演でとてもいい感じです。
彼は今、日曜日のドラマにも出ていてとても好感がもてます。

忘れていた学生時代の思いや
勇気を与えてくれる、そんなシーンが多くでてきます。

ランナーにはお勧めの作品です。


人間の駱駝2009年05月08日 03時07分44秒

「人間の駱駝」

作詞/宮本 輝
秋元 康
作曲/長渕 剛
編曲/瀬尾 一三
歌/大塚ガリバー

大都会という名の砂漠に

人間(ひと)の駱駝(らくだ)が生きている

汗も脂も乾ききって

背中の瘤は夢ばかり

 

アスファルトに足を痛めた

人間の駱駝が残されて

親や友や兄弟達が

振り向きながら遠ざかる

 

無口な駱駝の群だけが

蹄(ひずめ)を引きずって西に消えた

生きていたい

生きていたいだけの人間の駱駝

生きていたい

生きていたいだけの人間の駱駝

 

 

摩天楼の黄昏の中で

人間の駱駝の一人言

みんな きっと 孤独なくせに

なぜ いつでも 群をなす?

 

あてなどないよな旅だけど

明日の自分がなぜか恐くて

生きていたい

生きていたいだけの人間の駱駝

生きていたい

生きていたいだけの人間の駱駝

 

久しぶりの映画の登場です2008年08月12日 03時47分59秒

デズニ-



久しぶりに、ネットでDVDを買いました。

デズニー4作品

レミーのおいしいレストラン
モンスターズ・インク
シュレック
ファインディングニモ

夏休みは静かにDVDを見ようと思います。
楽しみに見たいです。


映画 Blue Crush2007年03月18日 04時12分05秒

サーファー・ガールの青春映画

Blue Crush
久しぶりのDVD
ハワイのサーファー・ガールたちの日常を描いた青春映画。

世界大会で優勝を夢見る主人公、
だが過去の大会での事故から恐怖心で自分に勝つ事が出来ず・・・

撮影場所はハワイ・オアフ等のノースショアー。
ハワイに何度いかれた事がある方はお馴染みの場所が随所に。
見ていて素晴らしいのは、サーフィンの海上からの撮影の素晴らしさ。

映画の内容もいいのですが、
それ以上に、サーフィンの迫力、面白さ、
そしてオアフ島の街の素晴らしさが
とてもよく伝わってきます。

ハワイフリーク&サーファー以外でも
その美しさは見る価値がありますよ。

・・・

La Bamba2007年03月02日 04時48分22秒

主演のLou Diamond Phillips

久しぶりにDVDを見ました。
以前からもう一度見たかった映画です。
全編を通して流れる、懐かしいロックンロールと
涙、感動の青春映画・・・

La Bamba 
伝説のロックンローラー、リッチー・バレンスの
生涯を描いた映画。
「カモン・レッツ・ゴー」「ドナ」「ラ・バンバ」と
三つの大ヒットを記録したリッチー・バレンスの
17年の生涯を描いている。
誰でも1回は聞いた事のある名曲です。

まさにアメリカンドリーム、
そして飛行機事故でのあっけない死。
人生が凝縮した内容で実話だけに心に残るものがあります。

カリフォルニアの貧しい家庭に生まれた主人公は
とても家族思い、そしていつか歌手になる事を
夢見ている高校生。
その彼が一躍、有名に。・・・母に家を買ってあげて、
まさにこれからと言う事に、飛行機事故に。
最後に喧嘩をした兄と電話で話し、
仲直りして飛行機事故に。
人生が短かっただけに、とても濃縮された内容。
17年ですべての事をやりきった人生を。
何か人生と言うものを考えさせられた映画です。

・・・

GHOST2007年01月21日 04時01分37秒

ゴースト

久しぶりにGhostを見ました。
非現実的なないようですが、

Unchained Melodyのメロディーと
最後の1セント硬貨の場面は最高ですね。

・・・

TAPS2006年12月31日 03時21分36秒

規律のかなの友情

歴史と伝統がある陸軍幼年学校の生徒が、
土地開発のために学校が閉校されることになり、
銃を持って学校に立てこもるドラマ。

ショーン・ペンとトム・クルーズが出演している。

内容的にはちょっとと言う感じだが、
10台の少年の一途な思いと
友情が描かれている映画。

それよりのアメリカのエリート軍人の雰囲気が
よくわかって面白いです。
軍隊の規律や生活風景がよくわかります。

やはり最後のシーンは感動です。

制作1981年
出演はジョージ・C・スコット、ティモシー・ハットン、
ロニー・コックス、ショーン・ペン、トム・クルーズなど。



・・・

BIG WEDNESDAY2006年12月02日 04時00分07秒

青春とは
・・・

1960年台のはじめ、
3人の若者が水曜日にやってくるという世界最大級の波、
Big Wednesdayに挑む。

どこまでも陽気に夢を追って生きようとする彼らに
ベトナム戦争への徴兵令状が来る。
・・・彼らの人生を大きく変えてしまう戦争は終わり
再び彼らは再会し、あの夢に挑む・・・

60年台のアメリカ、この時代の素晴らしさは、
人々が時代に縛られていない陽気さと、
その裏にベトナム戦争への不安とが
微妙に絡み合い、
ふとした瞬間にその影が目に入る
そんな光景の素晴らしさではないだろうか。

この映画にはまさにその光景が描かれている。
多くのメッセージを残してくれている。

その当時。日本の若者は何を考えていたのだろう?

・・・

Summer of '42 おもいでの夏2006年11月24日 04時03分59秒

遠い夏の日を思い出します

優しく優雅な年上の女性への淡い思い。
15歳の夏、ハーミーが第二次世界大戦の戦火を逃れて
ニューイングランドの沖合いに浮かぶ美しい島で
ドロシーと出会う。
少年の微妙な心理をノスタルジックな感覚で描いた名作。

誰でも一度は感じたことのある、あと遠い日の微妙な思い出と
微かな光景を懐かしく思い出させてくれる映画です。

最後の手紙がいつまでも心に残ります。

I'm sure you'll understand,
there' much I have to do.
I won't and explain what happened last night...
...because I know that,in time...
...you'll find a proper way in which to remember it.
What I will do is remember you, and I pray that...
...you be spared all senseless tragedies.
I wish you good things, Hermie, only good things.

・・・

映画 セント・エルモス・ファイアー2006年11月17日 04時00分28秒

7人の男女の物語
・・・
セント・エルモス・ファイアー(1985)

80年代のアメリカの青春映画
ワシントンの超有名大学を卒業した7人の男女の物語。
大学を卒業した7人が久しぶりに会うことから物語りは始まる。
仕事の悩み、恋の悩み・・・
70年代の若者にあった戦争への悲壮感もなく、
90年代の世界が大きく変わろうとする、
その時代について行こうとする焦りもなく
この80年代の、ある意味で平和な時代での
若者の姿を見ることが出来る。

常に何かに頼らないと自分自身を見失ってしまいそうな
不安と戦いながら、それでも生きる道を見つけて、
懸命に努力しようとする姿は、
今は見ることの出来ないシーンなのかも?

・・・